夏休み 終わり

夏休みももう終わり

いや、早いですね。

気づいたらもう夏休みも終わりじゃないですか。

小中高校生のみんなはラストの宿題ラッシュに追われているんでしょうね。
日本の夏休みの宿題は一種の拷問ですからね。。通過儀礼ともいえるか。

でも、あーいうきっつい作業をめげずにやるのってなんだかんだで大事ですよね。
おとなになって堪え性がなければ、仕事なんてできないですよ。ほんと。

宿題の内容自体より、苦行を乗り越えて身につける精神性こそが夏休みの宿題って感じですよ。
まじめにやらず、遊び呆けてた人も一律、逃げることができないってのがなかなかおもしろいところです。

大学生の頃の夢をみる

たまーにですけど、夏休みの宿題に似たやつで、大学の単位をとらなきゃやばいって思ってたころの夢をみるんです。
起きる前はすっごい不安でいっぱいで、死にそうな気分なのに、起きたときに、あー、社会人だったは。
もう授業にでないでいいんだって思ったときの安堵といったらないですよ。ほんと。

社会人は思ったよりもわるくない

子供の頃や学生の頃は、一生働いて行かないといけないって大人になるって嫌だなぁって思ってましたけど、今思うと学生のころの宿題の方がすっごい嫌ですねぇ。
社会人にももちろんノルマだったり、期日、納期のようにうなされるだけのものはあるんですが、不思議と学生の頃ほどの嫌さはないですよね。

考えたら負けと理解しているからなのか、しっぱいしてもそこまでは影響ないとたかをくくっているのか。
理由はわからないですが、思っていたよりは全然社会人生活というのは、わるくない。
この世ってうまくできてるよなぁって、たまに思いますよ。